brand
サイトの特徴・使い方 閲覧履歴 会員登録 ログイン
トップ  -  コラム記事  -  インプラントを入れる最適なタイミングはいつ!?
インプラント治療 2021/02/20

インプラントを入れる最適なタイミングはいつ!?

インプラントを入れる最適なタイミングはいつ!?

インプラントは、失った歯の審美性や機能性を元の状態に近づけることが可能な治療法です。それだけに「すぐにでもインプラントを入れたい」という方もたくさんいらっしゃることでしょう。ただし、インプラント治療には適した状況や年齢、タイミングというものがあります。ここではそんなインプラントを入れる最適なタイミングなどをわかりやすく解説します。

インプラントを検討する状況

歯の生え方や形、色などに異常が認められても、インプラント治療を選択することはほとんどありません。健康な天然歯であれば、そのまま使い続ける方が良いからです。そんなインプラントは、以下のような状況で検討することとなります。

インプラントを検討する状況

歯周病・虫歯で歯を失った

歯を失う原因の第一位と第二位は、歯周病と虫歯です。これらの病気を重症化させると、歯の保存が困難となります。もうすでに歯を失っているケースだけではなく、これから抜歯を行うケースでもインプラント治療が検討されます。

外傷による歯の脱落・歯根破折

スポーツや交通事故などで顔面に外傷を負い、歯が抜けたり、歯根が折れたりした場合は、インプラントが検討に上がります。

生まれつき歯がない

私たちの永久歯は、親知らずを除いて合計28本生えてきます。人によっては、生まれつきこの数が少ない「先天性欠如歯」が認められます。歯の先天的な欠如によって、審美性や咀嚼機能が大きく阻害される場合は、インプラントなどによって欠損部を補う必要が出てきます。

インプラントを検討する年齢

インプラントは、すべての年齢で受けることができる治療ではありません。一部の例外を除き、基本的には発育を終えた成人が受ける治療となっています。

インプラントを検討する年齢

基本は20代後半から

インプラント治療は、基本的に20代後半から検討します。20代前半までは、親知らずが生えることも含め、まだ口腔環境が変化する余地が残されているからです。とはいえ、歯や顎の発育には個人差がありますので、あくまで参考程度にとどめておいてください。

▶20代でインプラント治療を検討する際の注意点は「インプラント治療を20代で検討するメリットと注意点」の記事をご覧ください。

高齢になる前に治療する利点

インプラントに、年齢的な制限はありません。けれども、顎の骨の状態が悪ければ、インプラントを埋入することが不可能となります。骨粗しょう症や心筋梗塞、免疫力の低下などは加齢によってリスクが上昇します。そのため、高齢になる前にインプラント治療を検討した方が成功率も高くなるといえます。

子どもでも検討する場合

インプラント治療は、原則として子どもに適応されません。歯や顎の発育が目まぐるしい成長期にインプラントを埋入することは、デメリットも大きくなるからです。成長していく過程で、埋入したインプラントの位置がズレたり、歯や顎の発育を妨げることもあります。
ただし、下顎の第一大臼歯を失ったケースでは、子どもであってもインプラントを検討することがあります。下顎の第一大臼歯は、そしゃく機能の主体となる奥歯なので、欠損した状態を放置すると口腔全体の崩壊を招くこともあるからです。

抜歯後のタイミング

抜歯後にインプラント埋入を行う場合、適切なタイミングがいくつかに分かれます。

抜歯後のタイミング

抜歯後すぐに埋入

抜歯後すぐにインプラントを埋入する方法を「抜歯即時埋入法(ばっしそくじまいにゅうほう)」といいます。顎の骨の状態が良好であれば、この方法を第一に検討します。抜歯後すぐに埋入すれば、傷の治りが早く、人工歯根と顎骨との結合も促進されるからです。

抜歯から1~3ヶ月後に埋入

抜歯をして1~3ヶ月待ってインプラントを埋入する方法を「抜歯待時埋入法(ばっしたいじまいにゅうほう)」といいます。虫歯や歯周病などが原因で抜歯をする場合は、歯周組織の状態があまり良くありません。インプラント埋入に適した状態への回復は、1~3ヶ月程度かかるのが一般的です。

▶上記2つの治療方法のメリット・デメリットは「インプラントの抜歯即時埋入法vs抜歯待時埋入法」の記事をご覧ください。

インプラント治療ができないケース

インプラント治療には、年齢やタイミング以外にもいくつかの制約があります。以下に挙げるケースでは、治療を行うことが難しいです。

重度の歯周病

歯周病はインプラントの天敵です。軽度から中等度の歯周病であれば、治療によって病態をコントロールすることでインプラントを埋入できます。一方、症状の改善が見込めない重度の歯周病では、インプラント治療が困難となります。埋入手術を行っても、顎骨の炎症や吸収によって人工歯根が脱落するからです。

骨粗しょう症

骨粗しょう症は、全身の骨密度が低下する病気で、顎の骨も同様に弱くなります。人工歯根を埋入するに足る骨量が確保できない場合は、その他の治療法を検討すべきといえます。
また、骨粗しょう症では、骨の吸収を防ぐ「ビスホスホネート製剤」を服用しているケースが多いです。この薬剤は、抜歯などの侵襲的な処置によって顎骨壊死を引き起こすリスクがあるため、インプラント治療は慎重に検討する必要があります。

全身の病気

インプラントは、全身の免疫機能を低下させる病気があると、治療が難しくなります。具体的には、糖尿病、関節リウマチ、悪性腫瘍などです。
また、脳梗塞や心筋梗塞の既往があると、血液をサラサラにする薬を常用しているケースも多く、外科手術が困難となる場合があります。

喫煙習慣

喫煙習慣は、歯周組織の免疫力を低下させます。ニコチンが末梢の血管を収縮させると同時に、一酸化炭素が酸素の運搬を阻害します。その結果、顎の骨が弱ってしまい、人工歯根との結合を妨げます。そのため、インプラント治療を行うのであれば、禁煙あるは減煙が前提となります。

妊娠中

妊娠中の女性は、母体および胎児への影響も踏まえ、インプラント治療を行うことは推奨されません。インプラント治療には、外科手術を伴うからです。どうしてもインプラントを入れたいのであれば、妊娠前あるいは出産後に検討しましょう。

成長期

成長期の子どもも原則的にインプラントできません。歯や顎骨の発育が旺盛な時期に、人工物を埋入することは、デメリットが大きくなります。上述したように、20代後半から検討するのが適しているといえます。

▶この他のインプラント治療ができないケースを網羅的に知りたい方は「インプラント治療ができない15個のケース」の記事をご覧ください。

まとめ

このように、インプラントには適した年齢やタイミングというものがありますので、まずは歯医者さんに相談するのが一番です。全身の健康状態とも関わりのある治療法だけに、慎重に検討する必要があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■他のインプラント治療のコラム:https://teech.jp/column/inpurantochiryo
■インプラント治療の歯科医師インタビュー:https://teech.jp/interview/inpurantochiryo-interview
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▼このコラムは歯科医師によって執筆・監修されています▼
【コラム執筆歯科医師の紹介】
運営サイト:「みんなの歯学」https://minna-shigaku.com
長崎大学歯学部歯学科卒業

この記事の関連コラム
1 / 3
インプラント治療のオールオン4という選択
インプラント治療
インプラント治療は、”失った1本の歯を1本の人工歯根で補う”だけの治療法ではありません。すべ
インプラント治療の痛み・不安を軽減する麻酔術
インプラント治療
インプラント治療に伴う外科手術に不安を抱いている方は少なくありません。過去に手術を受けたことがない人
覚えておきたい!インプラントの種類
インプラント治療
インプラントと聞くと、「チタン製のネジ」を頭に思い浮かべる人が多いことでしょう。失った歯を歯根の部分
インプラント治療で歯科医師に口腔外科の知識が必要なワケ
インプラント治療
インプラントは、治療を担当する歯科医師によって技術に大きな差があります。インプラント治療には、総合的
50代が適齢期!? 健康を守るインプラント治療
インプラント治療
50代になると、2人に1人が歯周病や虫歯が原因で歯を失っています。つまり、50代の半数の人が失った歯の治療
インプラント治療で使うアバットメントって何?
インプラント治療
インプラント治療では、人工歯根であるフィクスチャーを顎の骨に埋め込みます。その上に人工歯である上部構
インプラント周囲炎の症状と治療・予防方法
インプラント治療
インプラントは、歯根から歯冠まですべて人工物で構成されおり、虫歯になることは絶対にありません。けれど
インプラント治療にかかる時間と期間
インプラント治療
インプラントは、その他の治療といろいろな点で異なります。人工歯根を埋入するオペを伴うことから、治療に
前歯のインプラント治療は審美性が重要
インプラント治療
インプラントは、基本的にどの部位にも適応できる素晴らしい治療法です。特に、前歯は高い審美性が要求され
奥歯をインプラントにすると強く噛めて痛くない!
インプラント治療
奥歯というのは、虫歯や歯周病にかかりやすく、抜歯を余儀なくされることも多い歯です。奥歯は汚れが溜まり
インプラント治療における1回法と2回法の違い
インプラント治療
インプラント治療に伴う手術には、1回法と2回法があります。それぞれに異なる特徴とメリット・デメリットが
金属アレルギーでもインプラント治療はできる?
インプラント治療
インプラント治療では、原則として金属を用います。この治療法のかなめである人工歯根がチタンで作られてい
天然の歯とインプラントの違いは?
インプラント治療
インプラントは、天然の歯に近い機能性や審美性を再現できる素晴らしい治療法です。歯を失った際には、イン
インプラント治療の痛みと対処法
インプラント治療
インプラント治療は、費用がやや高額になったり、治療期間が長くなったりするなど、不安に感じる点がいくつ
インプラント治療の安全性~5つの視点~
インプラント治療
失った歯を天然歯に近い形で回復させたい、という方にはインプラントが第一選択となります。見た目はもちろ
インプラント治療の手術前・手術後の注意点
インプラント治療
インプラント治療には、顎の骨に人工歯根を埋め込む処置が伴います。いわゆる「外科手術」であり、治療の前
インプラント治療の痛みや失敗が”怖い”要因と解消法
インプラント治療
インプラントは画期的な歯科治療であり、ブリッジや入れ歯にはない多数のメリットが得られます。それだけに
インプラント治療を20代で検討するメリットと注意点
インプラント治療
インプラント治療は、比較的年齢の高い方が受けるイメージが強いため、20代の人は不安な点も多いことかと思
インプラントの抜歯即時埋入法vs抜歯待時埋入法
インプラント治療
インプラントは、失った歯を補う治療法ですが、まだ歯が残っているケースにも適応されることがあります。例
インプラントの値段は1本いくら? 料金相場と歯医者さん選びのコツ
インプラント治療
インプラント治療は、歯科医院によって費用が大きく異なるので、どのくらいかかるのか気になっている方も多
Feature Teechの特徴
1

あなたの「今の症状に合った」歯科医院が探せます

icons

歯科医院が広告掲載する際、得意な治療1つのみを選択し広告しています。これにより2つのメリットが得られます。

①あなたの今の症状に合った治療を1番得意とする歯科医院のみ検索できます。

②表示される歯科医院の数が絞られるため、今の症状に合った歯科医院を効率よく検索できます。

2

その歯科医院で「本当に治療した患者さんの口コミ」を掲載

icons

歯科検索サイトには、その歯科医院で治療を受けていない方の口コミが散見されますが、Teechへの口コミ投稿には、領収書の添付を必須としているため、本当にその歯科医院で治療した患者さんの口コミが掲載されています。また、口コミ点数・件数によって検索結果が上下しないため(標準検索した場合)、サクラの口コミ投稿の誘因を減らしています。

3

「プロが選ぶプロ」の歯科医院を探せます

icons

掲載している医院に3医院(自医院を除く)までオススメできる機能を付与することで、プロが選ぶプロの歯科医院を探せます。

4

「先生の人柄」が分かるご挨拶動画を設置

icons

外からは見えにくい歯科医院ですが、事前に先生の人柄が伝わるように、院長のご挨拶動画を掲載しております。

インプラント治療
得意歯医者今すぐ探す