brand
サイトの特徴・使い方 閲覧履歴 会員登録 ログイン
トップ  -  コラム記事  -  インプラントを長持ちさせるための歯磨き・アイテム選びのコツ
インプラント治療 2020/09/18

インプラントを長持ちさせるための歯磨き・アイテム選びのコツ

インプラントを長持ちさせるための歯磨き・アイテム選びのコツ

インプラントは、たくさんのプロセスを踏まなければならない治療法ですが、装着した後は天然歯と同じようにしっかり噛むことができます。見た目も天然歯そっくりです。そんなインプラントを長持ちさせるためには、適切な方法でケアする必要があります。ここではそんなインプラントの歯磨き、アイテム選びのコツをご紹介します。

歯ブラシの選び方

インプラントの歯ブラシを選ぶ際には、「磨きやすさ」を重視しましょう。具体的には、以下に挙げる特徴のブラシがおすすめです。

歯ブラシの選び方

形状

市販の歯ブラシのヘッドには、波型カットや3Dカットなど、さまざまな形状のものが存在していますが、磨きやすさを重視するのであれば、平らなものが一番です。
毛束は3~4列並んでいるもので、縦の長さは、前歯2本分くらいが適切といえます。ヘッドの部分が大きすぎると、細かい部分が磨きにくくなるため注意が必要です。

硬さ

歯ブラシの硬さは「ふつう」を選びましょう。「かため」だと歯や歯茎、インプラントを傷つけてしまいますし、「やわらかめ」だと清掃効率が落ちて、磨き残しが多くなります。ただし、ブラッシング圧の強い人は、やわらかめを選んだ方が適切な場合もあります。歯科衛生士と相談しながら、最適な硬さを追求していきましょう。

交換頻度

歯ブラシは、1ヶ月に1回は交換しましょう。1ヶ月も使用していれば、毛束の中で細菌が繁殖し、不潔になっています。また、毛先が開いて清掃効率が落ちると、ブラッシング圧も強くなりがちです。歯や歯茎の健康はもちろん、インプラントを正常な状態に保つには、交換頻度にも気を配りましょう。

歯磨き粉の選び方

歯磨き粉の基本成分は、研磨剤、発泡剤、香味材、湿潤材、保存剤です。さらに虫歯や歯周病、知覚過敏などに効果がある有効成分が加えられています。それぞれの効果と成分は以下の通りです。

歯磨き粉の選び方

歯磨き粉の効果/成分

■研磨作用
・水酸化アルミニウム
・無水ケイ酸

■発泡作用
・ラウリル硫酸ナトリウム

■香味作用
・サッカリンナトリウム、メントール

■湿潤作用
・グリセリン
・ソルビット

■保存剤・防腐剤
・安息香酸ナトリウム
・パラベン

■歯垢の除去、付着防止
・デキストラナーゼ(酵素)

■虫歯予防、歯質の強化
・フッ化ナトリウム(フッ素)
・モノフルオルリン酸ナトリウム(フッ素)

■虫歯・歯肉炎・口臭予防
・イソプロピルメチルフェノール
・塩化セチルピリニジウム
・クロルヘキシジン類

■歯肉炎・歯周病の予防、出血の予防
・トラネキサム酸
・イソプロピルメチルフェノール

■知覚過敏防止
・硝酸カリウム
・乳酸アルミニウム

■ステインの除去
・ポリエチレングリコール

■ステインの除去、沈着防止
・ポリリン酸ナトリウム

インプラントにフッ素はNG?

市販の歯磨き粉の多くには、フッ素が含まれています。フッ素は虫歯予防効果が期待できるので、積極的な活用が推奨されています。
ただ、インプラントを構成する「チタン」は、フッ素との相性が悪いため、使用を控えるべきかどうか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 確かにフッ素は、チタンを腐食する作用があります。ただし、それは高濃度のフッ素をチタンに接触させた場合です。

日本では、歯磨き粉に配合するフッ素濃度を上限1500ppmに制限しています。この程度の濃度であれば、チタン製のインプラントに与える影響も無視できます。ですから、インプラントでもフッ素入り歯磨き粉を使用しても問題ないといえるのです。

粒入り歯磨き粉のリスク

インプラントを装着している人は、粒入り歯磨き粉の使用を避けた方が望ましいです。粒がインプラントと歯茎との間に入り込み、残存すると、細菌が繁殖しやすくなります。その結果、インプラント周囲炎を引き起こしてしまうのです。

歯磨き粉の量

1回の歯磨きで使用する歯磨き粉の量は、1センチ程度が適切です。歯磨き粉の量が多すぎると、何となく磨いた気になってしまい、十分なブラッシングが行いにくくなります。歯磨き粉の薬用効果を期待する場合でも、つけすぎには注意しましょう。

インプラントの歯磨きの方法

インプラントを装着している人は、以下の方法を参考にして、毎日のケアを実践しましょう。

インプラントの歯磨きの方法

歯ブラシの持ち方

歯ブラシは、親指、人差し指、中指の3本の指で持つようにしましょう。「ペングリップ」と呼ばれる持ち方で、文字通り鉛筆を持つ時と同じスタイルです。力を入れずに握りましょう。

磨き方

歯の磨き方のポイントは以下の通りです。

■歯列の外側
歯列の外側は、毛先を歯に対して直角に当てます。1歯1歯細かく振動させるように磨いていきましょう。力を入れずにやさしく磨くのがコツです。

■歯列の内側
歯列の内側は、歯ブラシを挿入しにくいので、歯面に対して45度の角度で毛先を当てます。歯ブラシの動かし方は、外側と同じです。

■前歯の裏側
前歯の裏側は、歯ブラシのかかとの部分を使って磨きましょう。少しコツがいる磨き方なので、歯科衛生士さんに指導を受けることをおすすめします。

■磨く順番を決めておく
歯を磨く順番は、右上の奥歯からとか、左下の奥歯からといったように、あらかじめ自分で決めておくと磨き残しがなくなります。後戻りはせず、一方向で磨いていくことが大切です。

■歯と歯の間
歯と歯の間や歯とインプラントの間は、歯ブラシで磨くことは困難です。歯間距離が広い場合は、「歯間ブラシ」を活用しましょう。インプラントは歯間距離が短くなるように設定されているので、歯間ブラシで磨きにくいです。より細い器具である「デンタルフロス」を活用しましょう。

歯間ブラシ・デンタルフロスの使い方

歯間ブラシは、歯と歯の間に挿入し、前後に動かすことで汚れを掻き出せます。デンタルフロスは、とても細い器具なので、繊細な操作が求められます。
とくにインプラントを埋入した部分のフロッシングにはコツがいることから、必ず歯科医師や歯科衛生士の指導を受けるようにしましょう。フロスを上手に使えるかどうかによって、インプラントの衛生状態も大きく変わってきます。

歯磨きの頻度

歯磨きは最低でも1日2回は行いましょう。朝と夜眠る前に行う必要があります。理想を言えば、毎食後ブラッシングしましょう。何かを口にした時点でお口の中は汚れていますので、食事の度に歯磨きするのがベストといえます。歯磨きが難しい時は、うがいをするだけでも細菌の繁殖などを抑えやすくなります。

まとめ

このように、インプラントを長持ちさせるためには、適切なアイテムを適切な方法で使用する必要があります。自己流に行ってしまうと、インプラントの寿命を縮めることもあるため、必ず専門家による指導を受けるようにしましょう。
▶歯磨き以外のインプラントのメンテナンス方法は「正しいメンテナンスでインプラントの寿命を延ばそう」をご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■他のインプラント治療のコラム:https://teech.jp/column/inpurantochiryo
■インプラント治療の歯科医師インタビュー:https://teech.jp/interview/inpurantochiryo-interview
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▼このコラムは歯科医師によって執筆・監修されています▼
【コラム執筆歯科医師の紹介】
運営サイト:「みんなの歯学」https://minna-shigaku.com
長崎大学歯学部歯学科卒業

この記事の関連コラム
1 / 3
インプラント治療の失敗・トラブルと対策
インプラント治療
インプラントが普及して、かなりの年数が経ちますが、やはり、治療に対する不安や恐怖心を拭えない方もいら
健康と費用で比較したい60代、70代以上のインプラント治療
インプラント治療
60代、70代と年を重ねていくと、歯を失うことも多くなります。失った歯を何もせずに放っておくと、さまざま
インプラント治療の痛みと対処法
インプラント治療
インプラント治療は、費用がやや高額になったり、治療期間が長くなったりするなど、不安に感じる点がいくつ
痛みや時間や術後も心配!インプラント手術の方法
インプラント治療
インプラント治療では、外科手術が必須となっています。人工歯根であるインプラント体を顎の骨に埋入しなけ
インプラント治療の手術前・手術後の注意点
インプラント治療
インプラント治療には、顎の骨に人工歯根を埋め込む処置が伴います。いわゆる「外科手術」であり、治療の前
インプラント治療のオールオン4という選択
インプラント治療
インプラント治療は、”失った1本の歯を1本の人工歯根で補う”だけの治療法ではありません。すべ
インプラント治療を30代、40代で検討するときの注意点
インプラント治療
インプラント治療は、成長期を終えた人であれば、基本的に誰でも受けることができます。それは30代、40代も
治療前に詳しく知りたい!インプラントの構造・素材
インプラント治療
インプラントは、ブリッジや入れ歯とは異なる構造をとっています。使用する素材にも違いがあり、それぞれに
奥歯をインプラントにすると強く噛めて痛くない!
インプラント治療
奥歯というのは、虫歯や歯周病にかかりやすく、抜歯を余儀なくされることも多い歯です。奥歯は汚れが溜まり
インプラント治療が保険適用される条件は?
インプラント治療
インプラントには、その他の治療法にはないメリットが多々ありますが、費用が少し高い点がネックになってい
インプラントは日帰り治療も可能!?
インプラント治療
インプラント治療は、手術が2回に分けて行われたり、人工歯根が顎の骨と結合するまで待機したりするなど、
インプラントが取れる原因と対処法
インプラント治療
インプラントは、使用していく中で取れたり、折れたりすることがあります。苦労して装着した装置だけに、シ
インプラント治療で失敗しないための歯医者さんの見つけ方
インプラント治療
インプラント治療に対応している歯医者さんの数は、極めて多いです。歯医者さんにとって、治療の選択肢がた
インプラント治療の痛みや失敗が”怖い”要因と解消法
インプラント治療
インプラントは画期的な歯科治療であり、ブリッジや入れ歯にはない多数のメリットが得られます。それだけに
インプラント治療で歯科医師に口腔外科の知識が必要なワケ
インプラント治療
インプラントは、治療を担当する歯科医師によって技術に大きな差があります。インプラント治療には、総合的
総入れ歯をしっかり固定する【インプラントオーバーデンチャー】
インプラント治療
インプラントは、顎の骨に人工歯根を埋め込んで、人工歯を被せる治療法ですが、上部構造として「総入れ歯」
インプラントを入れる最適なタイミングはいつ!?
インプラント治療
インプラントは、失った歯の審美性や機能性を元の状態に近づけることが可能な治療法です。それだけに「すぐ
インプラント治療の痛み・不安を軽減する麻酔術
インプラント治療
インプラント治療に伴う外科手術に不安を抱いている方は少なくありません。過去に手術を受けたことがない人
天然の歯とインプラントの違いは?
インプラント治療
インプラントは、天然の歯に近い機能性や審美性を再現できる素晴らしい治療法です。歯を失った際には、イン
インプラント治療の歯医者さんの選び方
インプラント治療
インプラントは、とても優れた補綴治療なだけに、施術を検討されている方も少なくないことかと思います。イ
Feature Teechの特徴
1

あなたの「今の症状に合った」歯科医院が探せます

icons

歯科医院が広告掲載する際、得意な治療1つのみを選択し広告しています。これにより2つのメリットが得られます。

①あなたの今の症状に合った治療を1番得意とする歯科医院のみ検索できます。

②表示される歯科医院の数が絞られるため、今の症状に合った歯科医院を効率よく検索できます。

2

その歯科医院で「本当に治療した患者さんの口コミ」を掲載

icons

歯科検索サイトには、その歯科医院で治療を受けていない方の口コミが散見されますが、Teechへの口コミ投稿には、領収書の添付を必須としているため、本当にその歯科医院で治療した患者さんの口コミが掲載されています。また、口コミ点数・件数によって検索結果が上下しないため(標準検索した場合)、サクラの口コミ投稿の誘因を減らしています。

3

「プロが選ぶプロ」の歯科医院を探せます

icons

掲載している医院に3医院(自医院を除く)までオススメできる機能を付与することで、プロが選ぶプロの歯科医院を探せます。

4

「先生の人柄」が分かるご挨拶動画を設置

icons

外からは見えにくい歯科医院ですが、事前に先生の人柄が伝わるように、院長のご挨拶動画を掲載しております。

インプラント治療
得意歯医者今すぐ探す