brand
サイトの特徴・使い方 閲覧履歴 会員登録 ログイン
トップ  -  コラム記事  -  歯が抜けたとき、ブリッジと入れ歯とインプラント、どの治療が良いの?
インプラント治療 2020/03/09

歯が抜けたとき、ブリッジと入れ歯とインプラント、どの治療が良いの?

ブリッジ治療

虫歯や歯周病が重症化すると、最終的には歯を失うこととなります。そんな時、治療を受けずにそのまま放置することはおすすめできません。なぜなら、失った歯を放置することで、お口の中にさまざまな悪影響が生じ得るからです。そこで抜けた歯を補う選択肢として挙がる治療法がブリッジと入れ歯、それからインプラントですよね。この3つのうち、最も適した治療法はどれなのか、詳しく解説します。

 

▼費用を優先する場合

入れ歯治療

歯科治療を受ける上で、治療費の安さを最優先とする場合は、ブリッジや入れ歯が適しているといえます。これらは保険が適用されることから、治療費を安く抑えることが可能です。ちなみに、失った歯の本数が12本であればブリッジ、それよりも多い場合は入れ歯が適応されることが多いです。

▼噛み心地を優先する場合

 

インプラント治療

歯が抜けた時の治療法というのは、失った歯の機能を取り戻すためのものであるため、何より「噛み心地」を優先される方も少なくありません。そうした場合は、インプラントが適しているといえます。インプラント治療では、顎の骨に人工歯根であるインプラント体を埋め込むことから、限りなく天然歯に近い噛み心地を再現することが可能です。一方、ブリッジや入れ歯には人工歯根は存在せず、歯冠の部分しか回復できないため、噛み心地の悪さを訴える人も少なくありません。

▼見た目の美しさを優先する場合

最近では審美歯科治療なども普及したこともあり、口元の審美性にこだわる患者さんも増えてきました。それは失った歯を補う「補綴治療(ほてつちりょう)」においても同じです。そうした「審美性の回復」に重きを置く場合は、インプラントが適しています。これもまた、人工歯根の有無にかかわってくるのですが、インプラントでは装置の構造そのものが天然歯と酷似しているため、見た目も自然な形に仕上げることができるのです。一方、入れ歯やブリッジは、あくまで口腔内に設置しているだけなので、どうしても違和感が生じてしまいます。

▼インプラントにデメリットはないの?

インプラントは、機能性、耐久性、審美性に優れており、一見すると万能な治療法のように思えますが、いくつかのデメリットも存在しています。具体的には「保険が適用されない」「外科処置が必要」「治療期間が長い」の3つが挙げられます。治療選択の際には、この点にもしっかり着目しておく必要があります。

▼まとめ

このように、歯が抜けた時の歯科治療は、何を優先するかによって最良といえる方法が変わってきますので、あらかじめ優先順位を決めておくことをおすすめします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■他のインプラント治療のコラム:https://teech.jp/column/inpurantochiryo
■インプラント治療の歯科医師インタビュー:https://teech.jp/interview/inpurantochiryo-interview
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(このコラムは歯科医師によって執筆・監修されています)
【コラム執筆歯科医師の紹介】
運営サイト:「みんなの歯学」https://minna-shigaku.com
長崎大学歯学部歯学科卒業

この記事の関連コラム
1 / 3
健康と費用で比較したい60代、70代以上のインプラント治療
インプラント治療
60代、70代と年を重ねていくと、歯を失うことも多くなります。失った歯を何もせずに放っておくと、さまざま
インプラント治療にかかる時間と期間
インプラント治療
インプラントは、その他の治療といろいろな点で異なります。人工歯根を埋入するオペを伴うことから、治療に
総入れ歯orインプラント!全部の歯を失ったときどちらを選ぶ?
インプラント治療
すべての歯を失った場合の治療法は、大きく2つの選択肢に分けられます。それは「総入れ歯」と「インプラン
インプラント治療ができない15個のケース
インプラント治療
インプラント治療は、歯を1本失ったケースからすべての歯を失ったケースまで幅広い症例に適応できる治療法
インプラント治療に歯科用CTが必要な理由
インプラント治療
インプラント治療には、一般的な歯科治療にはないプロセスがいくつかあります。歯科用CTによる撮影もそのひ
インプラント治療のオールオン4という選択
インプラント治療
インプラント治療は、”失った1本の歯を1本の人工歯根で補う”だけの治療法ではありません。すべ
インプラント治療の歯医者さんの選び方
インプラント治療
インプラントは、とても優れた補綴治療なだけに、施術を検討されている方も少なくないことかと思います。イ
インプラントを長持ちさせるための歯磨き・アイテム選びのコツ
インプラント治療
インプラントは、たくさんのプロセスを踏まなければならない治療法ですが、装着した後は天然歯と同じように
痛みや時間や術後も心配!インプラント手術の方法
インプラント治療
インプラント治療では、外科手術が必須となっています。人工歯根であるインプラント体を顎の骨に埋入しなけ
インプラント治療が保険適用される条件は?
インプラント治療
インプラントには、その他の治療法にはないメリットが多々ありますが、費用が少し高い点がネックになってい
インプラント治療の仮歯の重要性
インプラント治療
歯科治療では、最終的な被せ物を製作するまでの間に「仮歯」を装着することが多いです。これはインプラント
インプラントの抜歯即時埋入法vs抜歯待時埋入法
インプラント治療
インプラントは、失った歯を補う治療法ですが、まだ歯が残っているケースにも適応されることがあります。例
インプラント周囲炎の症状と治療・予防方法
インプラント治療
インプラントは、歯根から歯冠まですべて人工物で構成されおり、虫歯になることは絶対にありません。けれど
インプラントの値段は1本いくら? 料金相場と歯医者さん選びのコツ
インプラント治療
インプラント治療は、歯科医院によって費用が大きく異なるので、どのくらいかかるのか気になっている方も多
インプラント治療の痛みや失敗が”怖い”要因と解消法
インプラント治療
インプラントは画期的な歯科治療であり、ブリッジや入れ歯にはない多数のメリットが得られます。それだけに
インプラントとは?治療前に知っておきたい基礎知識
インプラント治療
虫歯や歯周病、外傷などで歯を失った際には、何らかの方法で欠損分を補う必要があります。従来はブリッジや
安いインプラントは避けるべき?
インプラント治療
インプラントは、比較的高額な費用がかかる治療であるだけに、できるだけ安い歯医者さんにお願いしたい、と
前歯のインプラント治療は審美性が重要
インプラント治療
インプラントは、基本的にどの部位にも適応できる素晴らしい治療法です。特に、前歯は高い審美性が要求され
インプラント治療を30代、40代で検討するときの注意点
インプラント治療
インプラント治療は、成長期を終えた人であれば、基本的に誰でも受けることができます。それは30代、40代も
総入れ歯をしっかり固定する【インプラントオーバーデンチャー】
インプラント治療
インプラントは、顎の骨に人工歯根を埋め込んで、人工歯を被せる治療法ですが、上部構造として「総入れ歯」
Feature Teechの特徴
1

あなたの「今の症状に合った」歯科医院が探せます

icons

歯科医院が広告掲載する際、得意な治療1つのみを選択し広告しています。これにより2つのメリットが得られます。

①あなたの今の症状に合った治療を1番得意とする歯科医院のみ検索できます。

②表示される歯科医院の数が絞られるため、今の症状に合った歯科医院を効率よく検索できます。

2

その歯科医院で「本当に治療した患者さんの口コミ」を掲載

icons

歯科検索サイトには、その歯科医院で治療を受けていない方の口コミが散見されますが、Teechへの口コミ投稿には、領収書の添付を必須としているため、本当にその歯科医院で治療した患者さんの口コミが掲載されています。また、口コミ点数・件数によって検索結果が上下しないため(標準検索した場合)、サクラの口コミ投稿の誘因を減らしています。

3

「プロが選ぶプロ」の歯科医院を探せます

icons

掲載している医院に3医院(自医院を除く)までオススメできる機能を付与することで、プロが選ぶプロの歯科医院を探せます。

4

「先生の人柄」が分かるご挨拶動画を設置

icons

外からは見えにくい歯科医院ですが、事前に先生の人柄が伝わるように、院長のご挨拶動画を掲載しております。

インプラント治療
得意歯医者今すぐ探す