brand
サイトの特徴・使い方 閲覧履歴 会員登録 ログイン
トップ  -  コラム記事  -  インプラントは日帰り治療も可能!?
インプラント治療 2021/02/27

インプラントは日帰り治療も可能!?

インプラントは日帰り治療も可能!?

インプラント治療は、手術が2回に分けて行われたり、人工歯根が顎の骨と結合するまで待機したりするなど、治療に時間がかかるイメージが強いかもしれません。実際、一般的なインプラント治療は長い期間を要しますが“日帰り治療”が可能なケースもあります。

1回法と2回法の治療の違い

インプラントの日帰り治療は、いわゆる1回法で行われます。ここではそんな1回法と2回法の違いを簡単にご説明します。

インプラント手術の1回法

1回法は、人工歯根の埋入とアバットメント(人工歯根と上部構造を連結させる部品)の装着を同時に行う手術法です。手術の回数が1回で済むため、このように名づけられています。

インプラント手術の2回法

2回法は、1回目の手術で人工歯根の埋入、2回目の手術でアバットメントの装着を行う手術法です。1回目の手術後は、人工歯根の安定が得られるまで数ヶ月待機する必要があります。

▶インプラント治療における1回法と2回法の違いを詳しく知りたい方は「インプラント治療における1回法と2回法の違い」の記事をご覧ください。

インプラントの日帰り治療のポイント

インプラントの日帰り治療には、以下に挙げるような特徴があります。

メリットは手術したその日に噛めること

インプラントの日帰り治療なら、その日にインプラントの埋入から仮歯の装着まで行うことが可能です。本来であれば、数ヶ月を要するプロセスをたった1日で行えるのです。
仮歯を装着するということは、手術したその日に食べ物を噛めるようになることを意味します。これは患者さんにとってとても大きなメリットといえます。

条件は埋入時に良好な「初期固定」が得られること

インプラントの日帰り治療は、専門的な言葉で「即時荷重法(そくじかじゅうほう)」と呼ばれています。人工歯根を埋入して、すぐに荷重を与えられることから、このような名前が付けられています。
つまり、仮歯を装着して、噛める状態をその日に作り上げることができるのです。これは人工歯根の埋入と同時に良好な初期固定が得られるからです。 初期固定とは、人工歯根を顎の骨に埋入した際の“収まりの良さ”のようなものです。人工歯根を埋め込んだ時に、骨と密着するようにしっかり固定されていれば、すぐに噛んでもズレたり、外れたりしませんよね。
即時荷重法は、顎の骨の状態が良いケースに適応されるため、初期固定も得やすいのです。

日帰り治療ができるケース

インプラントの日帰り治療ができるケースは、一部に限られています。

骨質が良い

インプラントの日帰り治療である即時荷重法は、骨質の良し悪しによって適応の可否が決まります。顎の骨がしっかりしていて、初期固定が得られやすければ、その日に仮歯で咬んでも問題なくなります。

オールオン4

4本のインプラントで、総入れ歯の上部構造を支えるオールオン4なら日帰り治療が可能です。オールオン4は、人工歯根を斜めに埋め込むことができるので、骨質にやや問題があったとしても手術を安全に進められます。
つまり、骨質が良い部分に向かって人工歯根を埋めることができ、その日のうちに仮歯も装着可能です。

▶オールオンの詳細は「インプラント治療のオールオン4という選択」の記事でご確認ください。

日帰り治療ができないケース

インプラントの日帰り治療ができないケースは、以下の通りです。

良好な初期固定が得られない

骨が不足しているなどの理由で、良好な初期固定が得られないケースは、日帰り治療ができません。無理して仮歯を装着すると、噛んだ時の圧力に耐えきれず、人工歯根が脱落します。

1回法が適応できない

1つ目のケースと重なる部分がありますが、1回法を適応できないケースは原則として日帰り治療も不可能です。手術を2回に分ける時点で、日帰りにはならないからです。
ちなみに、1回法が適応できないケースというのは、“骨質が悪い”以外にも傷の治りが遅くなる病気を患っているなど、いくつかの要因が挙げられます。

日帰り治療のスケジュール

インプラントの日帰り治療は、以下のスケジュールで進んでいきます。

日帰り治療のスケジュール

治療内容の確認

まずは治療内容の確認から始まります。その後、歯科衛生士による口腔内の清掃が行われます。

麻酔処置

静脈内鎮静法や局所麻酔を施します。静脈内鎮静法は、歯科麻酔科医が行います。麻酔の導入には数分から数十分かかります。

▶インプラント治療における麻酔の方法を詳しく知りたい方は「インプラント治療の痛み・不安を軽減する麻酔術」の記事をご覧ください。

埋入手術

人工歯根を顎の骨に埋め込む手術です。埋入する部位や本数によっても変わりますが、一般的には1~2時間で終わります。痛みを感じることはありません。

歯の型取り

埋入手術が完了したら、歯の型取りを行います。仮歯を作るための工程です。

休憩(歯科技工士による仮歯の製作)

型取りが終わったら、患者さんは休憩に入ります。その間、歯科技工士が仮歯の製作・調整を行います。

仮歯の試適

出来上がった仮歯を試しに装着します。1回でぴったり適合することは稀であり、咬み合わせや全体のバランスの調整が必要となります。

仮歯の装着

仮歯の調整が終わったら、いよいよ装着です。見た目も自然な形に仕上がります。

▶仮歯の重要性は、「インプラント治療の仮歯の重要性」の記事をご覧ください。

帰宅

治療後の注意点などをしっかり理解した上で安静に過ごしましょう。その日の夕食から仮歯で噛むことが可能です。

本物の被せ物の装着

仮歯はあくまで仮の歯なので、数ヶ月後には本物の被せ物を装着します。その間、仮歯にトラブルが生じたら、速やかにかかりつけ科を受診しましょう。

まとめ

このように、インプラントは日帰り治療も可能です。インプラントの長い治療期間がネックとなっている場合は、非常に有用な治療法といえます。
ただ、日帰り治療が適応できるケースは一部に限られるため、まずは歯医者さんに相談することが大切です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■他のインプラント治療のコラム:https://teech.jp/column/inpurantochiryo
■インプラント治療の歯科医師インタビュー:https://teech.jp/interview/inpurantochiryo-interview
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▼このコラムは歯科医師によって執筆・監修されています▼
【コラム執筆歯科医師の紹介】
運営サイト:「みんなの歯学」https://minna-shigaku.com
長崎大学歯学部歯学科卒業

この記事の関連コラム
1 / 3
インプラントの抜歯即時埋入法vs抜歯待時埋入法
インプラント治療
インプラントは、失った歯を補う治療法ですが、まだ歯が残っているケースにも適応されることがあります。例
前歯のインプラント治療は審美性が重要
インプラント治療
インプラントは、基本的にどの部位にも適応できる素晴らしい治療法です。特に、前歯は高い審美性が要求され
インプラントを長持ちさせるための歯磨き・アイテム選びのコツ
インプラント治療
インプラントは、たくさんのプロセスを踏まなければならない治療法ですが、装着した後は天然歯と同じように
インプラントの口臭は解消できる?
インプラント治療
インプラントを検討中で、治療後の口臭を心配している方もいるかと思います。インプラントは歯根から歯冠ま
健康と費用で比較したい60代、70代以上のインプラント治療
インプラント治療
60代、70代と年を重ねていくと、歯を失うことも多くなります。失った歯を何もせずに放っておくと、さまざま
引っ越ししたら困る!?インプラント治療の引継ぎ
インプラント治療
インプラントは、数ヶ月に及ぶ長い治療期間が必要となりますが、治療後もメンテナンスを継続する必要があり
正しいメンテナンスでインプラントの寿命を延ばそう
インプラント治療
インプラントは、天然歯にそっくりな見た目、噛み心地を手に入れられる素晴らしい治療法です。けれども、治
インプラント治療の仮歯の重要性
インプラント治療
歯科治療では、最終的な被せ物を製作するまでの間に「仮歯」を装着することが多いです。これはインプラント
インプラント治療の痛みや失敗が”怖い”要因と解消法
インプラント治療
インプラントは画期的な歯科治療であり、ブリッジや入れ歯にはない多数のメリットが得られます。それだけに
金属アレルギーでもインプラント治療はできる?
インプラント治療
インプラント治療では、原則として金属を用います。この治療法のかなめである人工歯根がチタンで作られてい
治療前に詳しく知りたい!インプラントの構造・素材
インプラント治療
インプラントは、ブリッジや入れ歯とは異なる構造をとっています。使用する素材にも違いがあり、それぞれに
インプラント治療が保険適用される条件は?
インプラント治療
インプラントには、その他の治療法にはないメリットが多々ありますが、費用が少し高い点がネックになってい
50代が適齢期!? 健康を守るインプラント治療
インプラント治療
50代になると、2人に1人が歯周病や虫歯が原因で歯を失っています。つまり、50代の半数の人が失った歯の治療
天然の歯とインプラントの違いは?
インプラント治療
インプラントは、天然の歯に近い機能性や審美性を再現できる素晴らしい治療法です。歯を失った際には、イン
インプラント治療を20代で検討するメリットと注意点
インプラント治療
インプラント治療は、比較的年齢の高い方が受けるイメージが強いため、20代の人は不安な点も多いことかと思
総入れ歯をしっかり固定する【インプラントオーバーデンチャー】
インプラント治療
インプラントは、顎の骨に人工歯根を埋め込んで、人工歯を被せる治療法ですが、上部構造として「総入れ歯」
インプラント治療の歯医者さんの選び方
インプラント治療
インプラントは、とても優れた補綴治療なだけに、施術を検討されている方も少なくないことかと思います。イ
失敗することもある!?インプラント治療のリスク13例
インプラント治療
たくさんのメリットがあるインプラントですが、治療に伴うリスクが怖くてなかなか一歩踏み出せない方も多い
インプラント治療に歯科用CTが必要な理由
インプラント治療
インプラント治療には、一般的な歯科治療にはないプロセスがいくつかあります。歯科用CTによる撮影もそのひ
インプラント治療の痛みと対処法
インプラント治療
インプラント治療は、費用がやや高額になったり、治療期間が長くなったりするなど、不安に感じる点がいくつ
Feature Teechの特徴
1

あなたの「今の症状に合った」歯科医院が探せます

icons

歯科医院が広告掲載する際、得意な治療1つのみを選択し広告しています。これにより2つのメリットが得られます。

①あなたの今の症状に合った治療を1番得意とする歯科医院のみ検索できます。

②表示される歯科医院の数が絞られるため、今の症状に合った歯科医院を効率よく検索できます。

2

その歯科医院で「本当に治療した患者さんの口コミ」を掲載

icons

歯科検索サイトには、その歯科医院で治療を受けていない方の口コミが散見されますが、Teechへの口コミ投稿には、領収書の添付を必須としているため、本当にその歯科医院で治療した患者さんの口コミが掲載されています。また、口コミ点数・件数によって検索結果が上下しないため(標準検索した場合)、サクラの口コミ投稿の誘因を減らしています。

3

「プロが選ぶプロ」の歯科医院を探せます

icons

掲載している医院に3医院(自医院を除く)までオススメできる機能を付与することで、プロが選ぶプロの歯科医院を探せます。

4

「先生の人柄」が分かるご挨拶動画を設置

icons

外からは見えにくい歯科医院ですが、事前に先生の人柄が伝わるように、院長のご挨拶動画を掲載しております。

インプラント治療
得意歯医者今すぐ探す