brand
サイトの特徴・使い方 閲覧履歴 会員登録 ログイン
トップ  -  コラム記事  -  金属アレルギーでも矯正歯科治療は受けられる?
矯正歯科 2021/04/24

金属アレルギーでも矯正歯科治療は受けられる?

歯科治療では、いろいろな場面で金属を用います。いくつかの金属によって構成される“銀歯”は、アレルゲンとなるケースも珍しくないため、始めからセラミック歯を選択する人も増えてきています。
そこで気になるのが矯正歯科治療に伴う金属アレルギーのリスクですね。 矯正法の種類によっては金属を用いますし、銀歯同様、常に口腔内に装着している装置であることから、金属アレルギーが心配な人も多いことでしょう。
ここではそんな矯正歯科治療における金属アレルギーについてわかりやすく解説します。

金属アレルギーとは

金属アレルギーは、ある種の金属がアレルゲンとなり、皮膚や粘膜にさまざまな症状を引き起こす病態です。

金属アレルギーを引き起こす物質

金属アレルギーを引き起こしやすい物質としては、ニッケル、コバルト、クロムなどが挙げられます。いずれもいろいろな製品に含まれる金属で、銀歯や矯正用ワイヤー、ブラケットなども例外ではありません。
その他にも体質によっては、金や銀、チタンさえもアレルゲンとなる場合がありますが、ケースとしては極めて稀です。

金属アレルギーの症状

金属アレルギーを発症すると、金属と触れていた部分にかゆみや痛み、発赤、湿疹などが生じます。主に皮膚に現れることが多いですが、銀歯などが原因の場合は、口腔粘膜にも同様の症状が認められます。

金属アレルギーの注意点

金属アレルギーには、以下に挙げるような注意点があります。

体内に取り込まれて発症することがある

一般的な金属アレルギーは、金属製のアクセサリーなどを装着した部位に直接生じることが多いですが、銀歯や矯正装置による発症メカニズムは少し異なります。
金属が接している組織(粘膜)にアレルギー症状が現れる点は共通していますが、溶出した金属イオンが体内に取り込まれることで発症するケースもあるからです。
その場合は、一般的な金属アレルギーと同じように、全身に発赤や湿疹などが認められます。そのため、金属アレルギーの原因が口腔内にあるとは気付かないことも非常に多いです。

ある日突然発症することがある

もうすでに金属アレルギーを持った体質だとわかっている人は、アレルギー症状の発症を抑える術も熟知していることでしょう。
一方、金属アレルギーの経験が全くない人は、そもそも対策をとっていないことかと思います。ただ、金属アレルギーというのは、ある日突然発症することもあるため、その点も留意した上で、歯科治療に臨むことが大切です。

金属アレルギーの場合でも矯正歯科治療はできる

金属アレルギーの特徴を詳しく知ると、矯正治療でも十分起こり得る症状であることがわかります。なぜなら、ワイヤー矯正では、ニッケルやクロムなど、アレルゲンとなりやすい金属が用いられるからです。
とはいえ、以下に挙げるような対策をとることで、金属アレルギーの場合でも矯正歯科治療は安全に受けることが可能となります。

ワイヤー装置の場合

矯正用ワイヤーは、チタン製のもの選択することで、金属アレルギーのリスクが大きく減少します。ブラケットはセラミックやプラスチック製のものを選びましょう。
いずれもアレルギーのリスクはゼロにはなりませんが、アレルゲンとなる可能性は極めて低いです。

マウスピースの場合

マウスピース型矯正の場合は、そもそも金属アレルギーのリスクがありません。インビザラインに代表されるマウスピース型矯正装置は樹脂で作られているからです。矯正装置による金属アレルギーが怖いという方は、マウスピース型矯正を優先的に選ぶのも良いでしょう。

金属アレルギーかどうかを確かめる方法

矯正治療に伴う金属アレルギーが心配な人は、事前にパッチテストなど金属アレルギー検査を受けておきましょう。肌にシールを貼るだけでアレルゲンとなる金属を特定できる検査で、心身への負担も極めて少ないです。

まとめ

このように、歯列矯正の種類によっては、金属アレルギーのリスクを伴いますが、対策を講じることで安全に治療を受けられます。金属アレルギーが不安、金属アレルギーのリスクをゼロにしたい、という方は、上述した内容を参考にしてください。しっかりと対策をとれば、金属アレルギーでも矯正治療を受けることができます。

-----------------------------------------------------------------------------------------------
■他の矯正歯科のコラム:https://teech.jp/column/kyoseishika
■矯正歯科の歯科医師インタビュー:https://teech.jp/interview/kyoseishika-interview
-----------------------------------------------------------------------------------------------

(このコラムは歯科医師によって執筆・監修されています)
【コラム執筆歯科医師の紹介】
運営サイト:「みんなの歯学」https://minna-shigaku.com
長崎大学歯学部歯学科卒業

この記事の関連コラム
1 / 3
矯正歯科
矯正歯科治療によって歯並びが整えば、見た目が美しくなり、長年のコンプレックスを解消できます。歯磨きし
矯正歯科
歯の矯正を始める上で、最も不安に感じる点が“痛み”である人は少なくありません。誰しも痛い思
矯正歯科
矯正中は、治療を開始する前よりも虫歯になりやすくなるのをご存知でしょうか?それにはいくつかの理由があ
矯正歯科
歯並びは、第一印象を左右する重要なもの、といわれることが多いです。それだけに、歯並びの乱れを気にして
矯正歯科
親知らずはトラブルの原因となりやすい歯であり、いつかは抜かなければならないと思っている人も少なくない
矯正歯科
歯の矯正は、通常の歯科治療と比較すると高額な費用がかかります。一般的には、100万円前後の治療費が発生
矯正歯科
歯並びの乱れを改善する歯列矯正は、歯科治療の中でもかなり特殊です。それだけに、どのような流れで進行し
矯正歯科
矯正歯科
歯の矯正を希望される患者さんは、主に見栄えをよくすることを主な目的としています。出っ歯や八重歯、受け
歯の矯正
矯正歯科
歯並びの乱れというのは、自分自身で治すことは難しいです。そのため、歯並びをきれいにする場合は矯正歯科
矯正歯科
矯正歯科治療は、数年に及ぶものであり、受けるからには失敗したくないですよね。ただ、日本にはたくさんの
矯正歯科
矯正用ワイヤーとマルチブラケットを用いた矯正法は、治療を開始する前と比較して清掃性が著しく低下します
歯の矯正 インビザライン(マウスピース矯正)
矯正歯科
歯並びをよくする矯正の方法といえば「ワイヤー矯正」ですよね。金属製のワイヤーとブラケットを用いて、歯
矯正歯科
矯正は、さまざまな装置を歯列に設置することから、食事の摂り方や内容に気を付けなければなりません。ここ
矯正歯科
ひと言で“歯並びが悪い”といっても、その原因や症状は様々です。普段からお口をぽかんと開けて
矯正歯科
滑舌や発音の悪さに悩まされている人は、口腔周囲に何らかの原因が認められます。声帯の状態や呼吸法に関し
矯正歯科
日本人には、歯並びの乱れに悩まされている人が少なくありません。歯並びの種類よっては、顔だちにも大きな
矯正歯科
矯正歯科治療は、装置によって歯を移動する「動的治療(どうてきちりょう)」がメインとなりますが、その後
矯正歯科
矯正歯科治療は、数年かかるのが一般的です。その間、仕事の関係などで引っ越しを余儀なくされることもある
矯正歯科
矯正治療というと、金属製のワイヤーとブラケットを用いる方法がまず思い浮かぶことかと思います。いわゆる
矯正歯科
歯並びの乱れを細かく整える“矯正歯科治療”は、ワイヤー矯正とマウスピース型矯正の2つに大き
Feature Teechの特徴
1

あなたの「今の症状に合った」歯科医院が探せます

icons

歯科医院が広告掲載する際、得意な治療1つのみを選択し広告しています。これにより2つのメリットが得られます。

①あなたの今の症状に合った治療を1番得意とする歯科医院のみ検索できます。

②表示される歯科医院の数が絞られるため、今の症状に合った歯科医院を効率よく検索できます。

2

その歯科医院で「本当に治療した患者さんの口コミ」を掲載

icons

歯科検索サイトには、その歯科医院で治療を受けていない方の口コミが散見されますが、Teechへの口コミ投稿には、領収書の添付を必須としているため、本当にその歯科医院で治療した患者さんの口コミが掲載されています。また、口コミ点数・件数によって検索結果が上下しないため(標準検索した場合)、サクラの口コミ投稿の誘因を減らしています。

3

「プロが選ぶプロ」の歯科医院を探せます

icons

掲載している医院に3医院(自医院を除く)までオススメできる機能を付与することで、プロが選ぶプロの歯科医院を探せます。

4

「先生の人柄」が分かるご挨拶動画を設置

icons

外からは見えにくい歯科医院ですが、事前に先生の人柄が伝わるように、院長のご挨拶動画を掲載しております。

矯正歯科
得意歯医者今すぐ探す