brand
サイトの特徴・使い方 閲覧履歴 会員登録 ログイン
トップ  -  コラム記事  -  歯周病って何歳くらいから増えてくるの?
歯周病治療 2020/03/09

歯周病って何歳くらいから増えてくるの?

歯周病予防

歯周病は、比較的高齢の方にみられる病気というイメージが強いですが、実際に何歳くらいから増えてくるのか気になりますよね。ここではそんな歯周病の発症が増加する年代についてわかりやすく解説します。

30歳代から増加する病気

歯周病の発症率が大きく増加するのは30歳代です。30際代を過ぎると、歯周ポケットが深くなったり、歯茎の腫れや出血が認められたりする人の割合が急激に増えてくるのです。その後も年齢が上がるにつれて、歯周病の患者数も増加する傾向にあります。

20歳代でも発症する人は一定数いる

 

歯周ポケット

歯周病の発症に関しては、厚生労働省が「歯科疾患実態調査」によって、定期的に詳しく調べているのですが、2029歳の中でも4mm以上の歯周ポケットを有する人の割合が25%超えていることがわかっています。ちなみに、歯周ポケットが4mm以上であると、それは立派な歯周病であると診断できます。

30歳代以上の3人に2人が歯周病

歯科疾患実態調査の結果を見ると、30歳代以上の2/3に歯周病の症状が認められていることがわかります。これはあくまで調査対象となった一部の人を調べた結果であり、実際はもっと多くの歯周病患者さんが存在しているといわれています。それを聞くと「歯周病は国民病」と呼ばれる理由も理解できますよね。

▼若い時から予防策を講じることが大切

 乳歯や永久歯が生えそろってきたばかりの年代ともなると、さすがに歯周病の発症率は低下します。歯科疾患実態調査の結果でも、1519歳で歯周病の症状が認められた人はごく一部に限られます。ですので、30歳代以降に歯周病で悩まされないためには、10代20代からしっかりとした歯周病予防策を講じることが大切といえます。その時期に、歯周病にかからない清潔な口腔環境を確立することができれば、将来、歯周病で歯を失うようなこともなくなります。

▼正しいブラッシング法を身に付ける

 

歯磨き指導

歯周病予防で最も重要なのは毎日の歯磨きです。10代20代の頃から定期的に歯科を受診し、正しいブラッシング法を身に付けることで、歯垢や歯石がたまらない、清潔な口内環境を作り上げることができますよ。つまり、セルフケアだけでなくプロフェショナルケアも併せて行っていくことが重要なのです。

▼まとめ

このように、歯周病というのは30歳代になると明らかに発症率が上昇しますので、それ以前にしっかりとした予防策を講じるようにしましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■他の歯周病治療のコラム:https://teech.jp/column/shishubyochiryo
■歯周病治療の歯科医師インタビュー:https://teech.jp/interview/shishubyochiryo-interview
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(このコラムは歯科医師によって執筆・監修されています)
【コラム執筆歯科医師の紹介】
運営サイト:「みんなの歯学」https://minna-shigaku.com
長崎大学歯学部歯学科卒業

この記事の関連コラム
1 / 3
歯周病の症状とは?膿や出血は歯周病が原因?
歯周病治療
歯周病は病状が進行するまで自覚症状に乏しく、異変に気づいたときには「手遅れになっていた」というケース
生活習慣病と歯周病との関連
歯周病治療
歯周病は、歯茎に炎症をもたらす「口腔疾患」として有名ですが、実は全身の健康にも悪影響を及ぼすことがわ
歯周病検査って必要なの?
歯周病治療
“成人の約8割が歯周病になる”といわれる一方で、自身の身の回りで「歯周病に悩んでいる」ある
歯磨きすると歯茎から出血!これは歯周病?
歯周病治療
歯茎というのは、とてもデリケートな組織なので、何らかの刺激が加わることで腫れたり、出血したりすること
歯周病と虫歯の違いは何?
歯周病治療
お口の病気の代表といえば「歯周病」と「虫歯」ですね。ご自身だけではなく、身の回りの方にも歯周病や虫歯
歯周病治療
歯周病治療
歯周病の症状が出ていて困っているけれど、なかなか歯医者さんに行く気にならない、という方もいらっしゃる
歯周病の予防と治療。日常のケアから外科治療まで徹底解説
歯周病治療
歯周病は将来歯を失うだけでなく、全身の健康にも悪影響を及ぼすことに触れながら、予防や早期治療の重要性
歯周病予防のための歯磨き
歯周病治療
歯周病は自覚症状に乏しく、気付いたころには重症化している怖い病気です。それだけに歯周病予防するに越し
歯周病で歯がグラグラ
歯周病治療
歯周病は「歯茎の腫れ」「ブラッシング後の出血」などをもたらす病気ですが、重症化するとさらに深刻な症状
歯周病
歯周病治療
歯周病は日本人の国民病と呼ばれるくらい、その発症率が極めて高いといわれています。よく耳にするのは「日
プラークコントロールって何?
歯周病治療
歯医者さんや歯磨き剤のCMなどでよく耳にする「プラークコントロール」という言葉。おそらく多くの方は&ldq
Feature Teechの特徴
1

あなたの「今の症状に合った」歯科医院が探せます

icons

歯科医院が広告掲載する際、得意な治療1つのみを選択し広告しています。これにより2つのメリットが得られます。

①あなたの今の症状に合った治療を1番得意とする歯科医院のみ検索できます。

②表示される歯科医院の数が絞られるため、今の症状に合った歯科医院を効率よく検索できます。

2

その歯科医院で「本当に治療した患者さんの口コミ」を掲載

icons

歯科検索サイトには、その歯科医院で治療を受けていない方の口コミが散見されますが、Teechへの口コミ投稿には、領収書の添付を必須としているため、本当にその歯科医院で治療した患者さんの口コミが掲載されています。また、口コミ点数・件数によって検索結果が上下しないため(標準検索した場合)、サクラの口コミ投稿の誘因を減らしています。

3

「プロが選ぶプロ」の歯科医院を探せます

icons

掲載している医院に3医院(自医院を除く)までオススメできる機能を付与することで、プロが選ぶプロの歯科医院を探せます。

4

「先生の人柄」が分かるご挨拶動画を設置

icons

外からは見えにくい歯科医院ですが、事前に先生の人柄が伝わるように、院長のご挨拶動画を掲載しております。

歯周病治療
得意歯医者今すぐ探す